今年初観劇@下北沢

e0098202_12513886.jpg友人に誘われ、ミュージカル以外では本当に久しぶりに芝居を見に行きました。

場所は下北、駅前劇場。劇団フライングステージの演目は「ジェラシー-夢の虜」です。

戦前の上海を舞台に、「東洋のマタ・ハリ」と呼ばれた川島芳子を主軸に展開する物語は飽きさせず、演技の確かな出演陣によりぐいぐい引き込まれました。僕のように、少々演劇アレルギーのある人間でも、はっきりとオススメできます。2月1日までですがぜひ!

ただ、2時間の開演中、休憩がありませんので、そのあたり要注意です(笑)。
オシリイタカッタナ。。。
by tami_hit | 2009-01-28 12:51


<< 先端工場見学 ものづくりの魂は受け継がれる >>