お酒と移動のカンケイ

e0098202_1982366.jpg少し前の日曜日、気の置けない仲間たちと、勝沼ワイナリー巡りをしてきました。

行きの移動には人生初の「お座敷列車」を利用。

乗ってしまえば、まあなんてこともない畳敷きの列車ということになるのですが、そこかしこに見られる昭和のかほりに癒されました。昭和にワープだ。

e0098202_1994683.jpgこれから呑みまくるぞ! ということで、まずは「ウコンの力」でカンパーイ!
e0098202_19101610.jpgまずは中央葡萄酒へ。

ここでは、一品種ごとにグラスを換えて試飲させてくれます。人数がいるとはいえ、ずらっと並んだグラスはなかなかの壮観。

やっぱり勝沼は白がうまいなあ!ということで、こちらの「シャルドネ」をお買い上げ。
白とはいえ、かなりの個性派。気に入りました!

ちなみにこちらのワインのエチケット(ラベルのことです)、僕の大好きなデザイナー原研哉さんが手がけられています。こちらも必見!

e0098202_19103568.jpgお昼は「皆吉」のほうとうをいただき、向かったのは丸藤葡萄酒

歴史を感じさせる建物には、小規模ながら見学ルートが整備されていて、中を見る事ができます。必見は壁にきらきらと光る、酒石の壁。いろいろお話をききましたが、どうして壁に付着するのか。。。などはぜひ現地で確かめてください!

e0098202_1910455.jpg最後は写真はないのですが勝沼醸造(←ほろ酔いで撮り忘れました)。
訪れたなかではいちばん洗練されていて、試飲もゆったりとできるのでおすすめです。

ここでもやっぱり白がンマイ!ということで、「アルガブランカ ピッパ」をお買い上げ。フレンチオークの樽香がそそる一品です。

しかし、さすが勝沼。見渡す限りのぶどう畑です。
食用とワイン用では畑の格好が違っていて(写真はワイン用のぶどう)、見ていても飽きさせません。

秋の涼しい時期なら徒歩でも十分回れる素敵ワイナリーが沢山あります。お酒好きのみなさん、ワイナリー巡り、おすすめですよ!
by tami_hit | 2008-10-07 19:23


<< 重量マイナス60g 7月〜9月のココロのベストテン... >>