<   2008年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

念願のロングライド!

e0098202_17364180.jpg行って参りましたよ、荒川遡上ロングライド180km!

好天に恵まれず延び延びになっていたのですが、ついに(大げさですね)ライドオン!
すこし見づらいですが、赤いバイクウエアが、カリカリのトライアスリート、V社のS編集長です。

齢4○にして、この仕上がりっぷり! 彫刻のようなヒラメ筋! 闘わずして負けてます。。。

e0098202_17382583.jpg写真は同行したスミスハーンのお三方! 勝手に転載しちゃいました! ありがとうございます!

最後は残念雨にたたられましたが、とっても楽しかった!
自宅からの往復で計180km! 今ではなんでもない距離になりましたが、こんな大人の遊び、最高ですね。

S編集長、スミスハーンのみなさま、また行きましょうね!
[PR]
by tami_hit | 2008-09-30 17:50

久々に新聞沙汰!!!

e0098202_14595920.jpg久々です。ブログの更新も。。。

過日、朝日新聞の書評欄に掲載されました大和書房「線と面の思考術」です。通称センメンです。うそです。

書評の類いはタイムラグがあるとはいえ、やっぱり嬉しいものです。
それにしても七字さんのイラストはやっぱりいいなー。

このままベストセラーになってほしい!!
[PR]
by tami_hit | 2008-09-26 15:00

7月〜9月のココロのベストテン!第三弾!!

e0098202_18243783.jpgふうう、だいぶ間が空いてしまいましたね。。。さ、気を取り直していってみましょう!

まずは、スーパーエディター美女Kさんによる幻冬舎文庫「心の病なんてない。」です。
以前、同じくKさんの手による同名の単行本をお手伝いしたのですが、その文庫化なのです。
先代の装幀ではイラストとしてサカキヒロコのイラストをつかったのですが、今回はその愛弟子スヤマナツキがイラストを担当させていただきました。今回のイラストもなかなかいい感じでしょう!

偶然ですが、キャンペーン帯がまるであつらえたかのようにハマっています。

e0098202_18244613.jpgお次ぎはいよいよ大団円! 講談社X文庫「帝都万華鏡4〜たゆたう光の涯に」です。

美女編集者Yさんのおかげで充実したシリーズになりました。新人のデビュー作としては異例(?)の長編シリーズにすることができました。

BLという、なかなか触れる事のできない世界を知ることができ、とっても楽しかったです!
またお手伝いさせてください!

e0098202_18245815.jpgお次ぎはゆるめのイラストがキャッチー、大和書房「線と面の思考術」です。

不思議系美女編集者Sさんのおすすめもあって、これまた美人イラストレータ「七字さん」のイラストで展開した本著なのですが、実にハマってます!

カバーの用紙はクラフト用紙なのですが、裏面が白になっているタイプのもので、ここでも線と面の二重性を表現しています。

ちなみに本文デザインは弊社ドドが担当させていただきました! ドドいい仕事やで!

e0098202_1825961.jpgお次ぎは、朝日新聞出版社「脱藩官僚、霞ヶ関に宣戦布告!」です。

スミ一色の表現で著者の決意を表現してみました。
なかなかスミ一色って勇気がいるんですよね。デザインを守ってくれたOさん!ありがとうございました!

e0098202_18251861.jpg第三弾の最後は、イトチンのイラストが光る、美女編集者Oさんご担当、ディスカヴァー21「マネーの王子様」です。

イトチンと失礼にも書いてしまいましたが、イトチンこと伊藤さんはプロのマンガ家。こちらの無理難題にも快く対応かつ美しく仕上げていただきました! イトチンありがとう!

タイトル部分にはゴールドをあしらって、少女マンガテイストをぐっと大人モードにもっていく仕掛けです。

なんとなく将来が不安な女子のみなさん! イケメンに癒されながらマネーの知識身につけちゃいましょう!

ふうー。まだまだ続きますが、ちょっと休憩!!


[PR]
by tami_hit | 2008-09-24 18:25

7月〜9月のココロのベストテン!第二弾!!

e0098202_13374044.jpg偶然白っぽいラインナップになってしまいましたが、第二弾いってみよう!

まずは朝日新聞出版「食糧がなくなる!本当に危ない環境問題」です。
敏腕編集者Kさんの手による本著、ショッキングなタイトルですが、刮目すべく内容です。

ぜひご一読を!

e0098202_13442454.jpgお次ぎは、おやっと思わせるタイトルのNTT出版「ウエブは菩薩である」です。

タイトルのイメージからなる静かな佇まいのデザインは、無限を感じさせる白をモチーフに菩薩のすべてを包み込むようなイメージを表し、タイトルにさりげなくエンボスを用いて菩薩の彫刻的なイメージを重ねています。

内容は難しい先端ITの話をうまく実例を用いて解説している好著です。

本文デザインは弊社ホリウチが担当させていただきました。

e0098202_1344354.jpg写真ではよくわかりませんが、とっても分厚い本です。イガグリ編集者Nさんご担当の三五館「1ヶ月100万円稼げる59の仕事」です。

高収入を上げている方へのインタビューを59人に敢行。それらをまとめた労作。カバーにつかっているスヤマのイラストがいいでしょう!

これを読めばオラもヒャクマンエーン稼げるかな。。。

e0098202_13454846.jpg弊社コバヤシの力作タイポが光る朝日新聞出版社「サンゴレンジャンー」です。

これは実際に沖縄で活動している公務員の方の活動をモチーフに文学に仕上げている作品。

先日伺った秋葉原の有隣堂では書店員さんの手書きのおすすめポップがあって、とっても嬉しかったです。こうしてゆっくりとでもいいから読み継がれていってほしい作品です。

e0098202_1346314.jpg第二弾の最後は。美女編集者Wさんご担当、ダイヤモンド社「倍速実現マップ」です。

本書の通りにマッピングしていくと確かに夢がどんどん近づいてくる、不思議な(実は不思議ではないんですが)本になっています。

カバーにはちょっとした暗号も埋め込まれていますので、ぜひ手にとってご覧いただければと思います。

今回はAD/ワタナベ、D/コバヤシが担当させていただきました!

ユーシ、いい仕事だぜい!


[PR]
by tami_hit | 2008-09-18 13:46

7月〜9月のココロのベストテン!第一弾!!

e0098202_1612403.jpg時系列めちゃくちゃで参ります! 7月〜9月のココロのベストテン! ものすごく貯まってますが、どーんと行ってみよう!

まずは講談社「ヤクザマネー」です。

NHKのドキュメンタリー番組を書籍にしたものですが、取材班の熱意と根気がひしひしと伝わってくる一冊に仕上がってます。結構重版がかかっているようで嬉しい限りです。
本著の本文デザインは弊社タカハシが担当。今回もいい出来だよー!

ちなみにカバーに使われている画像は実際の映像をコラージュしたもので、タイトルをつなぐ線は株の上下を表現しているものになっています。

e0098202_16131636.jpgお次ぎも講談社、セオリーブックスシリーズのリニューアルを手がけました。

この帯とカバーのコントラストがいいでしょう! 店頭でも存在感があっていい感じです。

今回はAD/ワタナベ、D/ナカガワが担当させていただきました!
まだまだ続々シリーズ刊行予定です!

e0098202_16133557.jpgお次ぎはちょっと変わり種、中央法規出版「ケアマネージャー実践力向上ワークブック 基礎編/スキルアップ編」です。

比較的ベーシックなデザインの多い医療系ですが、このデザインを採用してくれたのはまさに英断!! 担当のM下さんはベテランの編集者なのですが、現状に安住せず革新を続けていく姿勢に襟元を正される思いです。

ちなみに表裏のある用紙使いや基礎編→スキルアップ編につながる色の連続性など、たっぷり想いを込めていますのでぜひ店頭で手に取ってみてください!



e0098202_16142597.jpgひとつ飛んで、講談社「記者魂」です。

本書デザインの核になっているステンシルフォントは弊社のがんばり屋アルバイト「アヲヤギ君」に手伝ってもらいました。

おかげでかっこいいデザインになったよ! サンキュー、ヤギタロウ!!

e0098202_1615538.jpg第一弾の最後は、総合法令出版「理系頭がみるみる育つ科学の実験60」です。

理系離れが言われて久しいですが、この本でお父さんが子どもと一緒に実験をしたり、教えたりすることでコミュケーションを図ったり知識を吸収していってくれるといいなあと思います。

といいつつ僕もバリバリの文系ですが、理科の実験なんかにはわくわくした事を覚えています。真実を探求する姿勢、「今」や「常識」を疑う姿勢はやっぱり持っていたいものです。そうした姿勢はこうした理系の精神でもあるのかな、とも思います。

どかーんと売れてわくわくの多い世の中だと子ども達が気づいてくれるといいな!



[PR]
by tami_hit | 2008-09-17 16:15

AKIBA debut!!

e0098202_12173425.jpgむはは! ついにアキバデビューしちゃいました!

というのはちょっと冗談で、現在お手伝いしている、ディスカヴァー21のフェア「ディスカヴァーエキスポ'08」のポップについに我々が登場してしまった! というのが真相です。

わざわざポップを手作りしていただいたのが、ディスカヴァー21のスタッフのみなさん!

提供した画像をものの見事に昇華しています!
少し照れくさいですが、とっても嬉しいです!

うむディスカヴァー21の衆。苦しゅうない、ほめてつかわす(ん、キャラが違う?? あれー女王サマー!! )。
[PR]
by tami_hit | 2008-09-16 12:17

小粋な贈り物

e0098202_11503590.jpgをいただきました!

贈り主は大学落研時代の先輩であり、現在は落語家として活躍している「柳亭左龍」師匠です!

実は左龍師匠が最近上梓された著書「イキでイナセな江戸ことば(小学館)」のカバーデザインをお手伝いさせていただいたのですが、そのお礼(おこがましいですが)としてお贈りいただいたのです。

いやあ、お手伝いできただけでも光栄なのに、わざわざ僕の名前入りのケータイストラップをつくっていただけるなんて!感謝感激です!! 栗さん(大学時代の高座名です)、ありがとうございました!!
めちゃくちゃ嬉しいです!!!!

さすが、柏出身のあんにゃもんにゃ! イキでイナセではありませんか!!!!
やっぱり落語家はこうでなくっちゃ!!
[PR]
by tami_hit | 2008-09-12 11:50

「文豪、最後の新刊」読了!

e0098202_9382566.jpg言葉には速度と質量がある。そんな当たり前のことを再確認しました。開高健「一言半句の戦場」です。

その速度と質量を受け止めるには、こちらにもそれなりの体力が必要で、若い頃には無駄な体力やからっぽの頭があって、若いなりに受け止めることができるのですが、だんだん経験をもち、体力も衰えてくると、弾丸のような速さと圧倒的な質量を受け止めるのが厳しくなってくるような気がします。

やはり今回も圧倒的な質量をもって小説家は迫ってきました。言葉の弾丸を受け止めながら、身体中を穴ぼこだらけにされました。でもその穴ぼこからきっとまた新しい何かが出てくることでしょう。(←ビジュアルを想像すると気持ち悪いですね)

翻って、この質量を日々受け止め、時に跳ね返し、質量と速度に日々対峙している編集者の皆さんに改めて畏敬の念を抱きます。

僕ももっとココロの体力をつけていくぞ! と秋の空に誓ったのでした。
[PR]
by tami_hit | 2008-09-11 09:38

シャカリキ!

e0098202_12313380.jpg観るのはやめよう、止めようと思いながら、行ってしまいました。

自転車マンガのひとつの頂「シャカリキ!」原作の「シャカリキ!」です。

ほとんど邦画を観ない僕なのですが、たまたま続けて観る事になってしまいました。が、やっぱり「最近」のマンガが原作の映画に多く見られる「文法」がどうにもなじめずに終わってしまいました。

映画制作の困難さは若干ですが知っているつもりですが、僭越ながら「僕ならこう撮るのになあ」などとと考えてしまいました(笑←あーあ。)。

でもロードレースを知る最初の手がかりとしては、最適といえる仕上がりになっています。
やっぱりスポーツものはフィクションで撮るのは難しいのかなあ。
[PR]
by tami_hit | 2008-09-10 12:31

こんなこともやってます。

e0098202_1116534.jpg普段はエディトリアルデザインに軸足をおいている我々ですが、ときどきこうしたSPツールのお手伝いをさせていただいてます。

今回は日本財託さんのプロモーションツールである小冊子のデザインを皮切りに、ポスター、ポップなどの展開をお手伝いしています。

今回は「ノーハングリーファンタジー」チームが大活躍!

e0098202_11161348.jpgちなみにここは丸善@丸の内本店でのみご覧いただけます。

お、よくみると冊子が減っているぞ!
うまく機能してるのかなー!

やっぱり嬉しいもんですね!

いいぞ!「ノーハングリーファンタジー」!!(←でも名前長いよ!)
[PR]
by tami_hit | 2008-09-09 11:23