「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

オレはシャカリキになっているか!?

e0098202_11203860.jpgそう自問したくなる自転車マンガ「シャカリキ」です。

自転車雑誌など眺めているとことあるごとに、この「シャカリキ」の話題が出てくるので古本屋さんをめぐって集めちゃいました。てへ!

いやあ、まだ読中なのですが、おもしろい!
作者もロードレース好きなのがひしひしと伝わってきます。
描かれる絵も自転車好きの心を捕えるディテールの細かさ。うーん、わかってるなあ!という感じです。

時々ふっと忘れてしまう、あの熱い気持ちを思い出させてくれます。
日常を「流して」いないか、オレ。
毎日を「シャカリキ」に生きてるか、オレ。

うおー、週末もトレーニングじゃあ!!(←ピントがズレてるよ)
[PR]
by tami_hit | 2008-01-31 11:20

今月ラストの3枚!!

e0098202_13334843.jpg実にバラバラな3枚です。自己分裂気味なチョイスになりました。僕なんてこんなもんです(笑)

まずは脳内ジャズ部からMario Biondiの「HANDFUL OF SOUL」。J−WAVEで結構かかっていて気になってました。

まずはこの素敵低音ボーカルに癒されます。朝のゆりかもめで聞くMario Biondi、最高でした。イタリア人のマリオさんにつくバックバンドはHigh Five Quintet。初心者の僕でもバンドがめちゃスイングしてるのが分かります。ずーっと聴いていられる名盤です。オススメ!やっぱり前世の血が騒ぎます。

お次ぎは、脳内フォークソング部からV社F井さんオススメのOLD MAN RIVERの「Good Morning」。これもJ−WAVEでかなりかかっていて、お気に入りだったのでついに購入。ジャックジョンソン以降のサーフロックブームもあって、こうした癒し系のスタイルすっかり定着しましたね。
ヒットチューンの「La」。やっぱりいいです。

最後は、脳内テクノ研究会からずーーーっと気になっていたHIFANAの「CONNECT」。今カバーラフデザインをする時の定番になっています。このCDには本格的なDVDもついてくるのですが、こちらが最強にかっこいい!ぜひご覧あれ!!
[PR]
by tami_hit | 2008-01-30 13:33

タイプフェイス ラジコン部始動です!(笑)

e0098202_971497.jpgいよいよ発足しました、タイプフェイスラジコン部!

今の所部員は、弊社コバヤシとピゲパーマワタナベの、ふたり部です。

年末年始を徹して(←徹してはいないです)組み立てたホットショットがいよいよ出来上がったので、会社の近くの新宿中央公園でローンチです。

写真は後ろ姿のコバヤシです。

e0098202_972918.jpgイヤー小学生時代の想いが成就しましたよー!

実に楽しいー!いや、たのすいいいいーーーーー!!!!!

あまりに楽しすぎてコバヤシはフロントのコントロールロッドを折ってしまいました(笑←いや笑い事ではないのですが)。

でもラジコンの運転って意外と難しいんですねー。これからお互いのマシンをチューンナップしてまた勝負です!

みなさんもどうですかー!来れ社内外のラジコン部員!!
[PR]
by tami_hit | 2008-01-29 09:07

今もっとも読むべき雑誌、MONOCLE。

e0098202_13264531.jpgWallpapaerの編集長を務めた、タイラーブリュレさんが新たに創刊した雑誌が「MONOCLE」です。

先月号のTITLEでも取り上げられていましたが、内容の充実ぶりは確か。
日本の雑誌の濃密な情報密度からするとやや物足りなくもありますが、海外の話題をメインに取り上げる時に(MONOCLEの場合はイギリス以外)、その時最もヒップな情報のみ取り上げがち。ですが、その視点がMONOCLEの場合、かなりドメスティックな視点で掘り下げされているように思います。

これはディープなトラベラー、ジェットセッターにとってはとっても興味深い話題になると思います。情報のディープさでは、ロンリープラネットや地球の歩き方に遠く及びませんが、視点のディープさでは勝るとも劣らない、そんな雑誌だと思います。

入っている広告主からもその意向を感じられます。
まだまだ雑誌の可能性を拡張し続けるその姿勢に感心させされるとともに、やっぱり負けてられない!という想いを新たにしたのでした。
[PR]
by tami_hit | 2008-01-28 13:26

SETIってご存知ですか?

e0098202_18325789.jpg以前ラジオかなにかで聞いたことがあり、先日始めてみました。

SETIとは、インターネットでつながったコンピュータが、地球外知性の探索(SETI)を行う科学実験で、夜間等でコンピュータを使わない時に、電波望遠鏡で採取したデータをダウンロードし解析するプロジェクトの事なんです。

一台のスーパーコンピュターを使うのではなく、世界中に散らばったPCをインターネットで接続すれば、膨大なデータを分担して解析できるという発想なんですよね。いやあ実に壮大な話だあ!

地球外知性体の解析以外にも、タンパク質の組成の解析とかいろいろなプロジェクトがあって、なかなか楽しいです。

僕はこのSETI以外に前述のタンパク質の解析プロジェクトに参加しています。

ネット接続して、少しの電気代を提供するだけで、少しだけ社会貢献や知的好奇心を満たす事ができるなんて、なかなかステキなプロジェクトではないかなあ、なんて思ってます。

それに今、UFO盛り上がってますしね!
[PR]
by tami_hit | 2008-01-25 18:33

日経新聞にドラゴン現わる!

e0098202_17513756.jpg1/23(水)の日経新聞の夕刊に、お手伝いさせていただいた「テメレア戦記1」の書評が掲載されていました!おおー!!パチパチパチパチー!どんどんパフパフー!

しかも、書評は大絶賛といっていい内容で、本当に嬉しい!しかもしかも、書影までどーんと載っけていただきましたよ!やた!

皆さんもぜひご一読を!ホント、面白いんだから!
[PR]
by tami_hit | 2008-01-24 17:52

ハウスワイン検討中。。。

e0098202_1710571.jpgそろそろ、我が家にも定番のハウスワインを決めようと思い、以前から気に入っていたもの、最近気になったものを、お取り寄せしてみました。

決め手は、ラベルの自転車です(笑)
でもCycle's Gladiator Cabernet Sauvignonは以前からよく飲んでいてこれは安心の銘柄ということで購入。

今回新たに購入したのが、RN13 Vin de pique-niqueの赤と白。
このピクニック用ワインと銘打たれたワインはいわゆるビオワイン。特徴的なのはレモネードに使われるボトルを使っているというところですね。

かわいいぞ!RN13!!

e0098202_14553131.jpgちなみにこのRN13という名前は世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」のルートとして有名な道のこと。当然ラベルにもツールの時の1シーンが使われています。このラベルなかなかいいでしょう!

このワインはコルク栓を使っていないボトルです。単にかわいいから、という事ではなく、さくっと空けてごくごく飲みましょう!という姿勢を機能で表現している、ということなんですね。ふむふむ。

ますます気に入ったぞ、RN13!!

e0098202_1549287.jpgこちらがCycle's Gladiatorです。

この女性が自転車につかまっているイラストは「自転車の発明にとって自由を得た女性」が、ラベルのモチーフなんだそうです。

女性を解放したもののひとつに「自動洗濯機」があるという話は有名ですが、自転車で女性が解放されたものってなんでしょう。。。

うーん、すぐには浮かばない!

仕方ない、これ飲んで考えヨっと!
[PR]
by tami_hit | 2008-01-23 17:10

雑誌デザインの未来は

e0098202_1325487.jpg不肖ワタクシ、今は本の装幀がメインになっておりますが、実は雑誌畑出身なのでございます。

雑誌デザインはドライブ感スピード感満載で、それはそれはスリリングなものなのですが、あの編集者、カメラマン、デザイナー、印刷所が渾然一体となって突き進んでいくあの一体感は病み付きになります。でも身体は結構シンドイです(笑)。

そんな雑誌デザインのトップランナーであるデザイン事務所「Cap」のアートディレクターの藤本やすしさんが、内外のデザイナーにインタビューしているというのが本書。

どのデザイナーにも熱い想いがみなぎっていて本当に刺激をもらいました。雑誌衰退が叫ばれて久しいですが、こうした創り手がいる限り雑誌の未来にも希望が持てますね。

日本の雑誌も広告主の顔色ばかりをうかがうのではなく、編集オリエンテッドを発揮した雑誌づくりしていきたいですね!

なーんて大風呂敷を広げてしまったので、僕も気合い入れてガンバリマス!
[PR]
by tami_hit | 2008-01-23 13:03

今月の2枚!!

e0098202_1816973.jpg最近、ファンキーが足りなくなっているのに気づき、血中ソウル濃度を上げるべくこの2枚を注入してみました。

僕の大好きな編集者、渡辺祐さんリコメンドのCD、IRAKEREの「The Best Of Irakere」とCHASEの「Chase」です。

いやあー、まさにMake it FUNKY! Do the FUNK!です!
今まで未聴だったのですが、素晴らしい!

個人的にはやっぱりCHASEが好みです。よくポンキッキでかかってたあの曲はCHASEだったのかー!これも嬉しい出会いでした。
IRAKEREは悶絶ラテンで、もう少し僕が歳をとったらもっと好きになるんだろうなー。

そして、さらに血中濃度をあげるために恵比寿にあるソウルバーへいそいそと出かけたのでありました。。。
[PR]
by tami_hit | 2008-01-22 18:16

とても鑑賞したとは言えませんが。。。

e0098202_14241036.jpgフランスのドキュメンタリー映画「合唱ができるまで」を観ました!

本当に淡々と合唱のための練習風景をドキュメントしているのです。
過剰な演出(BGMやカットアップなど)もなく、ただただ淡々と。

一見退屈な映画そうですが、正直退屈ではあります(←なんだそりゃ)。

ですが、よーく目を凝らしてみると、そこに展開される決して日本では見る事のできない歌唱指導法が展開されています。実にイマジネーションにあふれ、愛情にあふれた指導なのです。ここに西洋音楽の奥深さをみる思いがしました。

なーんて偉そうに書きましたが、トレーニングの後に観たのでときどきウツラウツラ。。。テヘ!!
[PR]
by tami_hit | 2008-01-22 14:24