「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今年もお世話になりました!

e0098202_16585374.jpg今日でいよいよ個人的には仕事納めです。

といいながら、僕の後ろではイラストレーターの坂木さんと須山さんがいそいそと筆を動かしております。ご苦労様です。早く帰ってね。

いろいろあった一年でしたが、今年は特に「人」に恵まれた一年だったなあと思います。本当に素敵な出会いがたくさんありました。感謝感謝です。

会社としても、チャレンジングな依頼が多く、スタッフのみんなもレベルアップして、いよいよ来年は飛躍の年になりそうです。本当にいいスタッフたちです。
マジでお前ら最高!! 来年もよろしく!!

そして、関係者のみなさん。まだまだ未熟な我々ではありますが、世の中にグッドデザインをお届けするべく精進してまいります。

今後ともタイプフェイスをよろしくお願い申し上げます!!!
がんばるぞーーー!!

追伸
弊社冬期休業期間/12/28〜1/4まで。1/5より始業いたします。
※ワタナベ冬休みをいただきます。1/2〜1/10まで不在です。1/11より出社いたします。よろしくお願いいたします。
[PR]
by tami_hit | 2006-12-30 16:59

ファンクとは、動く一体感のことなのだ

e0098202_12195355.jpg写真は12/25早朝、自宅周辺の写真です。 

この日、ファンクの父である、ジェームスブラウンが天国へ旅立たれました。
いや、正直ショックです。

今年の3月に東京国際フォーラムでライブを観たばかりでしたからてっきりお元気なのだとばっかり思ってました。

ライブはそれはそれは元気そのもので、めちゃめちゃファンキーでパワフルなものでした。今思い出してもゾクゾクするほど。本当に行っておいてよかったです。

でも、そのライブの前後の移動は車椅子だったそうです。それもまったくおくびにもださないパフォーマンス。あっぱれプロ根性!

映画ブルースブラザースでその存在を強烈に意識してから、僕の音楽観の根幹をなすんではないかと思えるほど、染み込んでいる存在ですね。

もうあの歌声が生で聞けないのかと思うと本当に寂しいですが、彼の遺した音楽は永遠です。

God Bless YOU!!

ゲロッパ!
[PR]
by tami_hit | 2006-12-29 12:44

スペイン料理ブーム

e0098202_23541558.jpg 午後11時55分。
だれもいないオフィス。このところ、平均睡眠3時間のアタマで考えることは、イベリコハムのことばかり。。。

うまいスペインワイン(カリフォルニア好きだけれど)とうまいイベリコでくいっと飲りたい。
でもこの間食べた、ハモンセラーノの奥深さにも開眼!うまいうまい。

ちなみに、いろいろ食べ歩きましたが、イベリコでは、銀座の「エルセルド」がマイベスト!です。

また、行きたくなっちゃったなー。ってこの間いったばかりですが。。。

写真はそのおすすめの「エルセルド」です!
[PR]
by tami_hit | 2006-12-26 00:30

もっと光を!

e0098202_13543931.jpgといったのはゲーテですが、もちろんそんな大げさな話ではありません。

なんのことはない、昨日は、ミシマ社の三島さんにお呼ばれして、素敵ミシマ社事務所と素敵タウン自由が丘に行ってきたのです。

他の参加メンバーは、クロスメディアパブリッシングの小早川さんと、いつもお世話になっている文昇堂の鈴木さんと三島夫人の5人という濃ゆい面々での会となりました。

いやあ、久しぶりに熱い飲みになりましたよ。お互いある意味で同じ立場ですので、話の通りが早い早い。悩みやよしなしごとはほぼ共通ですし、これに限っては老いも若きも変わらないのが面白かったですね。

僕はできるだけ、異業種の人たちとお会いするようにしているのですが、やっぱりその方が面白いですね。世代もバラバラだったりするとなお楽しい。デザイナー同士だと、サロン的雰囲気になってしまって、ちょっとだけ居心地悪いんです。スノッブさが鼻につくといいますか。。。ねえ。。。僕にとっては、ですが。。。

とまれ、今回の一葉は、そんなミシマ社の素敵オフィスの天井を撮ったものです。偶然にライトが三つだけ写っていますが、今回の若手起業家三人の未来を暗示しているような気がしないでもありません。

願わくば写真のライトのように、世の中に少しでも明かりを灯せるような存在になれればいいなあ、と思っています。あ、宗教的な意味はありませんよ(笑)
[PR]
by tami_hit | 2006-12-21 14:25

コーヒー野郎マクガイバー

e0098202_16405083.jpgなのです。実は。

実は、なんてこたあないんですけれど(タイプフェイスでは「ら」抜き禁止です)、僕は大学時代にアルバイトでコーヒーを2年間ほどいれていたことがあって、かなりのカフェイン中毒です。

コーヒーは当然ブラック!
コーヒーフランチャイズの老舗「ぽえむ」の若社長(友人なのです)に手ほどきを受けたこともあり、指定の豆の量よりかなり多く入れて、苦くて濃いめで飲むのが好みです。

そんなコーヒー野郎なので、前々から事務所にコーヒーメーカーが欲しかったのです。が、なかなか好みのデザインがみつからず踏み切れずにいたのですが、とうとう出会ってしまいましたよ。

アメリカはCuisinart社のDCC2000JBS!
いやあ、ギミックは大したことはないのですが、業務用っぽい雰囲気が堪りません。

パーマネントフィルターで、ランニングコストもセーブできる優れものです。きっと。

で、さっそく数名のスタッフといっしょにコーヒーをいれてみました!。。。まあ味はコーヒーメーカーってことで。。。

でもインスタントよりも全然香りもいいし、大満足!

ただひとりご満悦のため、スタッフの視線が痛い。。。
[PR]
by tami_hit | 2006-12-19 18:56

デザインのトリニティーとは

e0098202_11183987.jpgなんぞや?

なんて、おおげさですね。

この間、読了した「三位一体モデル」の三位一体が、英語でいうトリニティです。

なんちゃってクリスチャンである僕も、この三位一体については以前から不思議に思っていました。

教会のミサにいくと必ず「父と子と精霊の御名によって」といって十字を切るのですが、この「精霊」ってなんじゃい! と思ってたんですよね。ちなみに「父」は神、「子」はキリストのことです。

しかしいいのか、カトリックなのに、この勉強不足っぷりで。。。

まあ、そんな精霊ですが、そのモデルを社会や経済にあてはめると、世の中の構造が見えてくる、という内容です。応用範囲はかなり広そうで、いろいろなことを考えるツールとして機能的だなと思います。レッツトリニティー!

さてさて、この頭の中の事象をビジュアライズするという行為は、まさにデザインの行為そのものです。一度紙に現出させて、物事を整理して考える、のはまさにデザインの原型といえると思います。

我がタイプフェイスのスタッフに対しても、かならずアイデアやラフデザインは「手で」「紙に」描かせています。手の作用を重視しているわけなのですが、この行為を通過しているか否かではアイデアの底力が違うと確信しています。

最近はいきなりモニター向かってしまう子が多いのですが、それだとアイデアがmacで出来ることしかしないようになってしまいますし、それではデザイナーが自ら自然死を待つようなものだと思っています。

うーん、固い話になってしまいましたね。ベイビイ。

それもこれも、年末の忙しさのせいなんやー!

酒もってコーイ!
[PR]
by tami_hit | 2006-12-15 17:38

Merry Cristmas BABY!!

e0098202_14154382.jpg BABY!なのです。

メリークリスマスにベイビイですよ。ベイビイ。

もう脱帽です。ブーツイ・コリンズ。最高。

このアルバム、名だたるアーティストも参加していて、すんごい楽しめるアルバムになっています。バカファンク炸裂のパーティチューン満載!なのです。

それと、これも買ってよかった、ジョン・レジェンド!

今年は僕にとってR&Bのアタリ年で、ネイト・ジェームスを皮切りに、コリーヌ・ベイリー・レイ、サムムーアの久々の新曲と嬉しい発見が多かったのが収穫でした。

いや、ホント、ジョン・レジェンドいいですよ。

同じ、ジョンとしても嬉しい限りです。

って一緒にすんなよ。。。

ベイビイ。
[PR]
by tami_hit | 2006-12-14 16:20

ケッサク株本が出来ました(笑)!

e0098202_16312329.jpg以前、ここのブログでもご紹介しました、ワタナベチヒロ「トホホ貧乏株日記」の見本が届きました!

デザインは我がタイプフェイスです。カバーデザインもなかなかカワイイ出来映えでお気に入りの一冊が出来ました!

内容はというと、昨年末から今年はじめまで吹き荒れた「株ブーム」にど真ん中でハマったチヒロ夫婦(旦那も同じ高校の同級生です。元気か?)が無謀にも株に手を出し、トホホな失敗を繰り返すというものです。

こーして書いてしまうと、身もふたもない感じですが内容はかなり面白く出来ています。身びいき分を差し引いても本当に面白かった!「ああ、チヒロもプロの漫画家だったのねえ」と人知れず感慨に耽ってしまいました。

きっと、程度の差こそあれ(チヒロ達はしょーもないレベルですが。。。)、同じような思いをされた方もいらっしゃったのではないでしょうか。そんな方もきっと溜飲を下げることができるケッサクです。たぶん。。。

にしても、いい出来だよ、チヒロ! 感心したぞ!!

酒もってこい! 上げ潮ぢゃ!!
[PR]
by tami_hit | 2006-12-12 17:03

第一回タイプフェイス釣り研究会

e0098202_995321.jpgに行ってきました。

会社で「釣り研究会」とはなんじゃい! という向きもございましょう。ご説明いたします。

弊社では、様々な「部活動」がございます。

カラオケ愛好者の集う「カラオケ研究会(カラ研)」、お酒好きが集まる「飲み研究会(飲み研)」、主にダイエットを行う者の互助会「ビューティ部」、弊社スタッフの旦那様のお名前をいただいた「ひろし部」などなど。

今回の「釣り研究会」はその一環で発足いたしました。第一回の今回は、房総半島の南端、館山市白浜を拠点に合宿をしたのです。合宿。。。

当日はあいにくの雨にも関わらず、我が同好会員たちはアタックを開始。結果は見事に釣果ゼロ。坊主です。しかし、その意気やよし!えらいっっ!!!

夜は反省会(うそです。ただの酒盛りです)に突入!スタッフの手料理も振る舞われ(意外と美味しかった!)、なかなか楽しいひとときでした。

翌朝もあまり好天とは言えませんでしたが、チャレンジの甲斐あって、イワシを始め何匹かを釣り上げることができました!やった!ちなみに僕は坊主でしたが。。。

とまれ、こうした合宿も時にはいいですねー。こういう時にスタッフの意外な側面も垣間見え、有意義な時間を過ごせました。

今回、ちゃんと「しおり」もつくりましたよ(笑)。松方弘樹が表紙です。また行こうねー!!
[PR]
by tami_hit | 2006-12-11 13:10

雑誌をカタチ創るモノ

e0098202_16543750.jpg工作舎刊の「雑誌のカタチ」を読了しました。

工作舎といえば、杉浦康平さん装幀「人間人形時代」などが有名な版元ですね。この装幀は出版人必見ですよー。

それはさておき。

本書は、過去を懐かしみ、「昔はよかった」的な後ろ向きな本ではありません。
むしろ過去を総括して、今の雑誌に足りないものを、あるいは前に進めるものを提唱している内容となっている。。。と解釈しました。これも出版人、必読です。

僕も雑誌出身なので、とても面白く読むことができました。雑誌、今でも大好きです。読むのもつくるのも。

雑誌独特のスピード感や一体感は、やっぱり堪らないですね。編集者からの差し入れなんかがあるとやっぱり「もういっちょやってやるか!」なんて、体育会魂を燃やしたりしたもんです。や、差し入れがなくたって、燃えてましたよ! おかげで何度も徹夜しましたけれど。。。

じっくりと一冊をつくりあげていく書籍とは(一部ではそうでないものもありますが←ちょっと辛口?)、また違うものがありますし、それを楽しめるかが雑誌デザインを続けられるかどうかの分かれ目ではないかと思っています。

ちょうどいいネタが入ったら、ささっと捌いておいしそうな形にして差し出す、鮮度勝負の江戸前な(江戸前でなくてもいいんですが)寿司職人のような感じです。

そろそろタイプフェイスのみんなも力をつけてきたので、雑誌の仕事ももっと受けたいな、なんて思ってます。ん、徹夜はいや? 馬鹿モーン! 気合いが足らんぞ!!

と、振り返ると誰もいないと。

てへ!
[PR]
by tami_hit | 2006-12-08 17:41