バイクはやっぱり最高!!

e0098202_8485524.jpgです!!

先週の土曜に久々にバイクに乗りました。自宅の台場から、いつもお世話になっている「ボクサーハウス」までのほんの15キロぐらいなのですが、いやあ楽しい楽しい。

やっぱりこいつあ、やめられませんね。

今回はリアのディスクローターの交換というだけの目的なのですが、どうしてこうもココロ躍るのか、自分でも不思議です。ちなみに、愛車はBMWというメーカーのR1200Cというバイクです。男の5年ローンで手に入れました。ちなみに、今年カタログ落ちしました。。。

ブログのタイトルにもあるように、僕がオートバイに乗り始めてから、本当に多くのことを学びました。特にいわゆる「死生観」というもの。これが僕の中に植わったというのが、なにより大きいですね。「死生観」。ちょっと怖い響きですが、そんなに怖い話ではありませんよ(笑)

つまり「死」というものを受け入れて、いかに「生きる」かという価値観を指すのですが、バイクはクルマと比べても事故率の少ない、実は安全な乗り物なのです。が、いったん事故に遭えば、クルマよりも怪我をする確率は高いのはご存知の通り。

ですから、日常生活において、もっとも「死」を感じることのできる乗り物といえると思います。うーん、やっぱりちょっと怖いかな。

ともかく。

なので、逆説的に「生きる」ということに自然と向き合うことになりました。。。僕の場合、です。すごーく簡単にいってしまうと僕の死生観はこうです。

「死ぬ間際に、怒ったり泣いたりする時間よりも、笑っている時間が多かったなーと思って生きたい(もしくは死にたい)」というものでした。

。。。まあ、大した死生観ではありませんね。書いてて嫌になってきました。。。。

ともかく。

こと日本人には少ないとされる「死生観」。宗教意識の少なさが原因のひとつと言われていますが、この死生観をもつことで、僕の人生は少なくとも前進しました。

きっと、僕の中のデザイン魂もこの死生観に支えられているような気がしています。ひとつひとつ、後悔の無いようにデザインを生み出していきたいと思っています。
ひとつの作品を前にして、編集者や関わった人たちと、ワイワイおしゃべりしながら飲んだり語
らったりできるように。
そして、死ぬ間際に笑っている時間が多かったなあ、と思えるように。

反省の多い人生ではありますが。。。。
[PR]
by tami_hit | 2006-11-29 21:10 | タイプフェイス的


<< 10年分の進化を実感! 日伊女性国際会議に出席しました。 >>